最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PS2 アクションRPGの傑作! ダーククロニクル


今回は、PS2で発売されたアクションRPGをご紹介します。
子供向けで優しい世界観が苦手な方 以外には安心してオススメできる作品です。

ダーク クロニクル」開発 レベルファイブ 発売 ソニー PS2 2005年


まずストーリーの方を軽くご紹介します。
主人公は13歳の少年ユリス
天才的なIQを持ち、機械いじりが大好きな男の子です。
ある日の事、町にサーカスがやってきます。
そのサーカス公演を観に行ったことがきっかけとなり、
世界が崩壊の危機に直面している事を知ります。

そして旅に出る事にした少年は、世界崩壊の原因とされる
邪悪な存在「グリフォン」に立ち向かって行くことに・・・。


この作品を一言で表現するなら「完成度の高い作品

グラフィック、武器開発などのシステム、ミニゲーム、
どの要素もしっかりと丁寧に作られているという印象があり、
遊んでいてすごく安心感がありました。
なんというか、途中で面白さが失速して投げる事は無さそうだな、みたいな(*´∀`*)

時々ありますよね、序盤で「あ・・・やっちゃったかな(ノω・、) 」
みたいな気分になるゲームがw

もちろん2005年の作品ですので、
グラフィックなど見た目は少し寂しさを感じてしまうとは思いますが、
その他の要素は、今遊んでも十分に楽しめる物だと思います。


私がこのソフトを手に取ったきっかけは、
PS2末期の頃、お手ごろ価格で面白いゲームは無い物か?と調べていたら
ドラクエ8の開発を担当したレベルファイブという所が手掛けていて
評判もかなりいいという事で、このソフトが目に留まり、早速購入する事に。
そして前述の評価となったのでした^^


あと一応 記しておきたいのが前作にあたるダーククラウドという作品があるという事。
ストーリーの繋がりは無いようですので、どちらから遊んでもOkだと思いますが、
1作目から遊んでおきたいという方は少し注意ですかね( ´ー`)ノ
因みに私はクロニクルしかやってませんが問題なく楽しめました。


ゲームの面白さみたいなものを、再認識させてくれるイイ作品だと思います。
気になった方は是非遊んでみてください^^





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : レベルファイブのソフト,PS2の名作,ダークロ評価,スフィーダが面白い,ミニゲームが面白いゲーム,完成度の高いゲーム,ファンタジックなRPG,,

[ 2013/12/23 19:40 ] 準オススメゲーム | TB(0) | CM(1)

悩める殺し屋と変態ヤクザ 殺し屋1(イチ)


今回は、エロ・グロ共にかなり過激な表現の多い漫画をご紹介します。

殺し屋1(ころしや いち)」 山本英夫 ヤングサンデー 1998年~


主な舞台となるのは新宿 歌舞伎町にある、とあるマンションです。
ヤクザマンションなどと呼ばれるその建物には、その筋の人達がひしめき合い
色々なシノギをして生活しているという所です。(勿論フィクションですよ(´;ω;`)


そのマンションを根城にするヤクザ同士の抗争を煽り
混乱に乗じて大金をせしめようとする男、通称ジジイ
その男にうまく使われ、殺し屋家業をする主人公のイチ
組長を消され、その相手に復讐を誓う武闘派変態組員 垣原
この3人が物語の鍵を握っています。


ジジイと呼ばれる男の素性は基本的に謎に包まれています。

イチの本名は城石一(しろいし はじめ)。
普段は町工場で働いていて、とても気弱で優しい性格の彼ですが、
空手の腕前は超人的で、特に脚力は常軌を逸した物を持ってます。
その能力を使い特殊なスーツを着て依頼を遂行します。

イチの因縁の相手となる若頭の垣原雅雄(かきはら まさお)は、
顔や体に無数のボディピアスを付けている、とんでもないマゾヒストです。
その破天荒さは是非とも本作を読んで括目して欲しいと思いますw


とにかく、目を背けたくなるほどの痛々しい場面がてんこ盛りですし
理不尽な暴力を振るっている場面も多い作品です。
それに、出てくる登場人物の9割方が異常人物だったりします。
そのため18歳未満の方には、絶対にオススメできません。

しかし作品から溢れるパワーに惹きつけられたのも事実ですし、
どのキャラクターもとても濃くて面白かったです。

全10巻です。
フィクションをフィクションとして楽しめる大人の方で
気になった方は一度読んでみてください^^;





このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : 殺し屋イチレビュー,批評,垣原,高山,新宿歌舞伎町,抗争,グロ注意漫画,過激な表現のある漫画,R18推奨漫画,浅野忠信垣原,

[ 2013/12/17 20:08 ] 準オススメ漫画 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。