最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一度は読んでおくべき!伝説の漫画

今回はブログのタイトル通りの最高の漫画を紹介したいと思います。
ここでいう最高の漫画というのは「私にとって最高に面白い漫画」です。
ご了承ください( ・∀・)


それは「寄生獣」です。
この時点で「はいはい寄生獣ねー」という方が大半かもしれませんw
しかし、私がブログを書くにあたって、面白い漫画というキーワードを思い浮かべて、
初めに挙がったのは寄生獣でした。


「まだ読んだことないなー」という方でさらに「グロいのが好き」という方は幸運です。
・・・この最高の作品を新鮮な感覚で楽しめるなんて!!


前述の通り、まずスプラッタ系のグロい表現に嫌悪感を抱く方は
絶対に読んではいけません!

全十巻、いたる所に出てきます。

しかし、少し言い回しに語弊があるかもしれませんが、その表現があるからこそ、
自然とすべてのキャラクターの中にあんな内臓や気管が詰まっているんだ、
という感覚になり、ただのイラストである人物に重みといいますか
存在感というようなものを出す効果を上げている気がします。
(作者である岩明均さんの作品には欠かせない表現ですので、
ただただそういう嗜好があるだけかもしれませんが^^;)


寄生獣の何がそんなに私を惹きつけるのか考えた所、

キャラクターが立っている(人物の性格がぶれない、かつ魅力的である)
非現実的なストーリーながら主人公に感情移入しやすい。
引き伸ばしの感じないストーリー。無駄のない台詞回し、コマ割り。
何度読んでも面白い。(これは個人差がありそうですが)

などなど、きりがありません。



簡単なストーリーを紹介します。

冒頭、空から謎の蛇のような生物が世界各地?にそれなりの数が降ってきます。
その生物は耳などから人の脳に入り込み、人間に寄生し乗っ取って操ることができるようです。

主人公の高校生、泉新一の元にもその生物はやってきます。
未然にその存在を察知し脳を奪われることは阻止したものの、
腕に寄生されることになります。
これは寄生生物にとっても想定外だったようです。

人間の脳を残したまま、右腕を謎の生命体に寄生された高校生が
さまざまな困難に打ち克ち成長していく。・・・というようなストーリーです。
文字にしてみると中々荒唐無稽な話だなー。なんて思いましたw


もちろん欠点が無いわけではありません。

もともと、3話まで、単行本一冊まで、というように人気に伴い連載が伸びたらしく、
初めの設定的なものがほったらかしになっている所もある。
(ほぼそう感じさせない、些細な部分ですが)

絵柄が古臭い、特に人物の服装は連載当時からダサかったのではないか?という感じ。

グロい(念押し)



とにかく読んでみてほしいです。

あと通常版10巻の巻末にあとがきが付いているんですが、それが面白い。
作中のキャラのセリフを借りれば、「非常に読ませる文章を書く」w。
内容は作者の日常や作品の裏話を少々なんですが。

当たり前かもしれませんが、面白い文章を書ける方の漫画は、
同じく面白いのではないか。と思いました。


私もこのブログで、そんな読ませる文章を書けたらなんて思います^^


この作品を読み終わったよ!という方へ→寄生獣のネタバレあり感想記事





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : お勧めの漫画

タグ : 岩明均の伝説級の作品,グロ注意作品,漫画の一つの到達地点,パラサイトの感情,岩明均最大ヒット作,泉新一,業界にもファン多し,寄生獣より面白い漫画はちょっと思いつかない,,寄生獣レビュー,

[ 2013/02/11 23:42 ] おすすめ漫画 | TB(0) | CM(0)

全てのアクションが過去となった傑作 God of War


今回のタイトルは少し大袈裟でしたが
それでもこのゲームが発売されて以降、他のアクションゲームに
多大な影響を与えた事は確かだと思います。

ゴッドオブウォー(God of War)」 
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント(欧・米) カプコン(日本) 
開発元 SCEサンタモニカスタジオ 2006年


まずはストーリーから
古代ギリシア時代、無敵の強さを誇っていたクレイトスという男がいました。
しかしある蛮族に後れを取り、首を切り落とされそうになったクレイトスは
軍神アレスに魂を売り、神にも及ぶ力を手に入れます。
しかしアレスはクレイトスを忠実な下僕にするべく罠にはめ、その妻と子供を
自らの手で殺させます。当然怒り狂ったクレイトスは神に反旗を翻すのであった・・・。
といった感じです。

こう書くとクレイトスもアレスも身勝手だなぁ、なんて思っちゃいますが、
もともと神話自体、荒唐無稽な話が多い気がしますし、余り深くは詮索しないでいましょうw


それまで、洋ゲーが余り好きではなかった私ですが、この作品によって
かなり洋ゲーアレルギー的な物が解消されました。

小気味いい操作性、感覚的に分かりやすいゲーム性、
最も苦手だった、洋ゲー独特の不親切感も感じませんでした。

ゴッドオブウォーの代名詞といえば、csアタックという独特なシステムがありまして、
ムービーの間に表示されたコマンドを入力することで次のアクションにつながるシステムで
これ以降のかなりの作品が、そのシステムを模倣しています。

そこに程よい謎解き、美しいグラフィック、アクションの爽快感があいまって、
素晴らしい作品に仕上がっています。


注意点といえば、残酷な描写が多い事と、主人公がムサいおっさんという事ぐらいかとw


私はPS2の1、2しかプレイしていないので多くは語れませんが
2よりも1を推したいと思います。

ぜひ一度プレイしてみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : ゴッドオブウォー感想,ゴッドオブウォー評価,ゴッドオブウォーレビュー,PS2のアクションゲーム最高傑作,グロ注意作品,主人公がむさい,GodofWarのゼウス,神と人間,残酷な神話,

[ 2013/03/25 19:44 ] おすすめゲーム | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。