最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1000回遊べるRPG!?の紹介


今回は、PS2の
「ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3不思議のダンジョン」
を紹介したいと思います。

発売 エニックス 開発 チュンソフト マトリックス 2002年発売

サブタイトルの不思議のダンジョンですがシリーズ物でして、
元々「ローグ」というパソコンゲームを元に、遊びやすくアレンジした物です。
(私はローグは未プレイですが)

そのシステムを土台に
ドラクエ4の1キャラクターである、商人のトルネコという親父が
レアなお宝を探すためにダンジョンにまで足を運んで珍道中を繰り広げるという
感じのストーリーです。※ごめんなさい適当です(´Д`)


実はこのゲームのおすすめポイントというのが少し変わってまして・・・。
ゲーム本編自体は特筆すべき物ではありません。(あくまで個人の感想ですw

しかし本編終了後の追加ダンジョンである「異世界の迷宮」がめちゃくちゃ楽しい!
いや、楽しい・・・?が適切な表現なのか、自分でも分かりませんが。
中毒性が半端ないです。

通常RPGというのはコツコツレベルを上げて徐々に強くなり、強敵に打ち勝ったりして
自分のキャラの強さを実感する所なんかが楽しいと思うんですが、
この異世界の迷宮は違います。

まずレベルはこの迷宮に入るたびに1から始まります。
そして本編で集めたアイテムやお金なども一切持って行けません。
持ち物はパン一つだけ。Lv1という、とても心細い状態で1階から99階を目指します。
(迷宮の中にはさまざまなアイテムが落ちています。現地調達ですね)
そんな状態ですから運が悪ければ1階でいきなりスライムに囲まれて即死・・・。
なんてことも日常茶飯事です。

でも記録しながらコツコツやったらそのうちクリア出来るんじゃないの?
なんて思った方・・・。
途中でセーブも出来ません。中断セーブは出来ますが再開するたび、
データを消去する徹底ぶりw
とにかく死んでしまったらまた1階からLv1で頑張ってね♪というルールです。


これの何が面白いのか?と思った方・・・。ある意味正解ですw
ハマれない方は全く面白くないと思います。

どこが面白い要因になっているのかと考えましたら・・・。

ゲームオーバーになる→何故失敗したか考える→次は同じような場面で危機を脱する→
別の要因でゲームオーバーになる→以下繰り返し・・・。
という風に知識と経験により自分が上達している実感が、
他のゲームより高いのだという結論が出ました。

しかしホントすぐに死にます。どんなにこのゲームを知り尽くしている方でも、
死ぬときは死にます。(さっきの結論と矛盾するじゃんという突っ込みは無しでw
これは丸々と太った商人であるトルネコが主人公なので、
その弱さに納得ではありますが( ´_ゝ`)

例えば5時間かけて50階まで到達した後にちょっとした気の緩みからのミスで
死んじゃいます。
自分のミスならまだしも理不尽な罠なんかで死ぬこともあります。
そんな時は思わずコントローラーを投げながら思わず叫び、
5分くらい茫然とすることもw

しかし死ぬたびにドラマがあるんです。「同じような死に方」はあっても、
同じ死に方」は二度とありません。

というのも迷宮に入るたびにその形やアイテムの種類や場所、
敵の出現の仕方が違うんです!
(と言ってもいきなり強敵に出会うとかではなくランダムでパターンが無数なだけです)
このシステムがローグシステムの肝でして・・・

普通のゲームと違って圧倒的に飽きが来ないんです。


ですのでこのゲームを買ってかなり経っているんですが
「久しぶりに異世界でも挑戦するか!」なんて感じで未だに遊んでいます。

そして、こんな過酷な迷宮だからこそクリアした暁には
途轍もない達成感を得られると思います。

実際プレイされたことのない方は、この説明にピンと来ないかと思いますが。
スイマセン。私の文章力ではこれが限界でした・・・。


あまりオススメできない本編をクリアした後に待っている
オマケダンジョンをおススメするのもナンだと思いましたが、
ハマれる方なら誇張ではなく、このダンジョンだけで5年は遊べるんじゃないか!?
というくらいの中毒性があると思います!

もしこのゲームが肌にあったなら同じシステムの「風来のシレン」もオススメです^^






このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : トルネコの大冒険3評価,トルネコの大冒険3感想,トルネコの大冒険3レビュー,めちゃくちゃ面白いスルメゲー,高難易度ゲーム,,PS2の高難易度ゲーム,異世界の迷宮の中毒性,トルネコの大冒険3,今までで一番遊んだ時間の長いゲーム,

[ 2013/02/11 23:54 ] おすすめゲーム | TB(0) | CM(0)

古代遺跡を探索!不朽の名作


今回はPS2の「九龍妖魔學園紀 re:charge 」を紹介します。
発売 アトラス 開発 シャウトデザインワークス 2006年発売のソフトです。

一風変わったシステムのゲームでして説明に困ったのでwikiなどを調べましたら
「学園伝奇ジュヴナイルゲーム」らしいです。正直何がなんだかw


時代は現代、主人公はトレジャーハンター(宝探し屋)の高校生。
プロローグはエジプトの遺跡から始まります。
その遺跡はいわばチュートリアルで、本編は主人公が新宿の高校に
転校してきた所からスタートします。

昼は学園生活をノベルゲームのような感じで進行しながら、
夜は学園の地下に見つけた遺跡を探索をするパートの二部構成を交互に繰り返す
といった感じです。

章立てになっており、1章クリアするごとにエンディングテーマが流れ、
次の章が始まる前にはオープニングテーマが流れます。(任意で飛ばせます
どこかテレビドラマ(アニメ?)を意識したような構成になっています。


昼のノベルパートでは、選択肢の代わりに自分の気持ちを
」や「」など8つのコマンドで選択し、
その結果によりストーリーが変化します。

遺跡探索パートの戦闘が独特で、好みが分かれるかもしれません。
ターン制で敵と交互に行動するのですが、行動力の許す限り、逃げるもよし
連続攻撃するもよしと言った感じの、自由度の高いシステムになっています。
このような感じで敵や罠や謎解きをクリアしながら、最深部にいるボスを目指します。


物語が進むごとに、自分の選択肢によって仲間になるキャラクターが
増えることがあります。
そのキャラをバディ(サポート)として、遺跡に2人まで連れて行けます。
皆個性的で、中には役立たずな奴もいますが、仲間が増えていくのも魅力の一つです。


BGMも全体的にジャズっぽい感じで、落ち着いた雰囲気が心地いいです。
私は特に、章をクリアした後の祭りの後のような侘しい感じの曲が好きです。


後は持ち物を合成したり、ファミコン風のミニRPGが楽しめたり
(進むごとに本編のキャラのパラメータもアップするので無駄にならない)
そこそこ厳しめの難易度がお気に入りです。
また、クリア後は特典付きの2週目もあったりして長く遊べます。


通常版とre:charge(再装填)版があるのですが 色々と追加要素のあるre:charge版を
オススメします。(安価な通常版でどんな雰囲気か試すのもアリかも)

実はシリーズ物の1作品で、そのほかの作品もいくつか遊んでみましたが
完成度は圧倒的にこの作品が高いと思います。


ストーリーが佳境に向かって行くに連れて、「もうすぐ終わってしまうのか・・・。」
クリアするのが惜しくなった数少ない作品です。
オーパーツトレジャーハンターという言葉に心を踊らされた方は
ぜひ一度お試しください。





このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : 九龍妖魔學園紀評価,,九龍妖魔學園紀感想,九龍妖魔學園紀レビュー,シャウトデザインワークス,BGMが神のゲーム,九龍妖魔學園紀re:charge,敵が死ぬ時の声が卑猥,システムに特徴があるゲーム,唯一無二の魅力を持ったゲーム,

[ 2013/02/12 00:39 ] おすすめゲーム | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。