最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まだ初代ゲームボーイを持っていますか?

今回はゲームボーイの「カードヒーロー」をご紹介します。
発売 開発 任天堂 2000年発売のソフトです。


私をカードゲームというだけで反応してしまう体にしてしまった罪なソフトですw


簡単なストーリーは平凡な少年が友達に誘われるまま流行のカードゲームを始めるうち
色々な出来事が起こり、そして・・・。というような
まぁ、ありがちな感じです。

しかしゲーム全体の平和で暖かい雰囲気がどこか心地いいし、
味のあるキャラクター達や、燃える展開なんかもあったりして
自然とのめり込んでいました。

また序盤のストーリーがそのままチュートリアルになっているので、
すんなりとルールを把握していけると思います。

基本的にはバトルに勝ってお金を貯めて、カードを買う。
カードが充実してより強くなる。といった流れです。

カードは安価な3枚一組のランダムパックか。割高なシングルカードを選べます。
買った時にオートセーブされるのでレアなカードが出ると素直にうれしいです。

カードを買ったときに微妙に演出があり、このタイミングで演出を飛ばすと
レアカードが出やすいか?
いや連打のほうがいい!なんて謎の攻略法を編み出そうとするくらい
熱くなった思い出がありますw


肝心のバトルですが、とっつきやすく戦略の幅も広いという感じで、
適度に頭を使うのがとても楽しいです。
しかしゲームボーイの処理速度の限界なのか、CPUの思考がモッサリしていて
1試合が長引いてしまうのが玉に瑕です。

今プレイするとそこが一番のネックになるでしょう。


あとバトル中にもオートセーブはされており、今回は劣勢だからリセット!
なんてことはできません。
そんな時はおとなしくギブアップするしかありません
(CPU相手にギブアップは、なんか悔しいですがw


・・・売り上げはイマイチだったようで、どこのゲームショップでも
新品が投げ売りされている始末。
「こんなに面白いのに!」と一人憤慨していましたw
(私も投げ売りのソフトを購入したにもかかわらず


当時人間の対戦相手が欲しかった&カードヒーローを布教すべく、
駄菓子同然の値段で手に入れたソフトを無理やり友人にプレゼントし、
こんこんと魅力を説明し、対戦にこぎつけたのでした。(迷惑極まりないですね
3人に布教したんですが、途中で投げる人はいませんでした♪


ゲームボーイ版はバックアップのバッテリーがダメになっている可能性が高いので
今なら3DSのバーチャルコンソールをオススメします。600ポイントです。


ちなみに続編がDSで発売されています。前作の売り上げが不振なのは
明らかだった分、DSの新作が発売される情報を知った時は小躍りするほど
嬉しかったんですが。
GB版の味みたいなものが無くなっていて、少しがっかりしました。

それでもバトルのルールや戦略の楽しさなんかは変わってないので
GB版が楽しかったという方やDSしか持ってません、という方は
購入しても損はないと思います。
こちらもお手ごろな値段ですしね(ちょっと寂しい


↓リンクはDS版です



このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : カードヒーロー評価,カードヒーロー感想,,カードヒーローレビュー,子供にもオススメ,ゲームボーイ,任天堂,隠れた名作,クミちゃん,ボムノスケ,

今度のマリオはお医者さん!? ドクターマリオ


いきなりですが、このゲーム・・・マリオである必要ないですよねヘ(゚∀゚ヘ)

ドクターマリオ Dr.MARIO」 任天堂 FC 1990年

ビンの中にいるウィルスをお医者さんに扮した?マリオが、
お薬を使ってやっつけていくというパズルゲーム。
新たなオリジナルキャラを使うより、断然人気が出るだろう!なんていう
大人の事情に巻き込まれたであろうマリオさんw
思惑通り、その策略は大成功。見事150万本超の売り上げを記録しました。


。三色のウィルスに対し、同じく三色のカプセルを合わせ
同じ色が4つ並ぶとすべて消えるというシステムです。
基本タテで消すことが多いけど、横に並べてもOKです。
そして、全てのウィルスを消去する事でステージクリアとなります。


初めに選べるステージは20面。カプセルの落下スピードが3段階あって、
20×3 計60ステージから、腕に見合った難易度を選べます。
そして20面以降はクリアするたび、21面22面と進んでいけます。
セーブは出来ないので、ここからは気力と体力の勝負です。
私は、HIモードの23面ぐらいまでは頑張ったような( ´ー`)


また、5面、10面などの区切りのステージをクリアすると
色々なアイテムが横切り、それをウィルスたちが大樹の上で眺めているという
シュールな演出が挿入されます。
その際に流れる、もの悲しい感じの曲と相まって、不思議な気持ちになったものですw
その他の曲も名曲揃いですので、そちらもオススメのポイントです。


「シンプルかつ熱中できる」作品です。
気づけば自分の限界に挑戦してしまう事請け合いなドクターマリオを
是非遊んでみてください^^



ドクターマリオドクターマリオ
(1990/07/27)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : ドクターマリオ評価,ドクターマリオ感想,ドクターマリオレビュー,BGMが神,ファミコン,パズルゲーム,マリオシリーズ,任天堂,,Dr.MARIO,

スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。