最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>
[ PCエンジンのRPGで最も面白いゲーム ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

全ての生物を捕獲せよ!隠れた名作RPG


今回はPCエンジンの「リンダキューブ(Linda³)」を紹介します。
リンダキューブ 発売 NECホームエレクトロニクス 
開発 アルファ・システム 1995年発売 

桝田省治さんがシナリオ・ゲームデザインをしています。
出世作であるPCE「天外魔境2」の監督・脚本。FC「メタルマックス」の
プロデュースや、PSPでもリメイクされた「俺の屍を越えてゆけ」など
私の好みのゲームを作られています。近年は少し不作ぎみですが。。。

現在は「俺の屍を超えてゆけ2」をPS VITAで作っているらしく、
とても期待しています
(このままじゃこれだけのためにvitaを買っちゃいそうです(´Д`)


RPGです。一言で表現するならば「とてもアクの強い」ゲーム。


まずA、B、C、3つのシナリオから一つを選んでスタートします。
世界観、キャラクターは同じですが、それぞれ独立したものとなっています。
もう一度書きますがA,B,C全く違う話になっていますので
混乱しないように注意してください。

私は、あるシナリオで悪人だった人物が、別のシナリオでいい人でも
「何か裏があるんじゃないか・・・」と深読みしてしまいましたので。


どこからでも始められますが、Aから順番にプレイするのがいいと思います。
(PS版、SS版ではタイムアタック的な隠しシナリオDがありますが私は未経験です。)

なかなか過激なシナリオもあり、PCE版では18歳以上推奨になっていました。



メインであるシナリオCのストーリーですが

主人公達の住む星、惑星ネオケニア(地球は別にあり)に
八年後、決して避けられない巨大隕石が落ちてくるという。

普通のRPGならそれを回避したり、破壊する方法を探すでしょう。
しかしこのゲームは違います。

突然現れた箱舟という、沢山の生物を乗せられる宇宙船のようなものに、八年の期限内で
できるだけたくさんの種類の動物を集め脱出するという、
これ以上の最終手段があるだろうか?という作戦に出ますw

そもそも突然現れた得体のしれない宇宙船を信用し過ぎでしょうに(・ω・`)


元々、この星に人類が来た100年前からこの不可避な隕石が落ちてくる事は
分かっていて、100年後に脱出する事も、織り込み済みの移民だったという。
(壮大なのか、なんなのかw


その重大な任務を任された軍の男が主人公です。そして一緒に箱舟に
乗る事になる女性がタイトルにもあるリンダです。

ちなみに二人以外の住人達は八年の間に、順次、他の星に脱出していくので
安心してください。


戦闘システムの方もいい感じにアクが強いです。

捕獲対象である敵は、名前こそウサギやカニのような馴染のある生き物ですが、
そのデザインは普通に思い浮かべるような物ではなく、いかにも敵だというような、
正直気持ちの悪いデザインです。

ザコ敵達は倒すと捕獲できます。しかしこちらが強くなり過ぎると、
攻撃の際に破裂してしまい捕獲できないどころか、
なぜか経験値すら貰えなくなるオマケつきw

その他、犬をお供として戦闘に参加させることも可能なんですが、
その犬も野生のを捕獲してから登録し、連れて行くという手順を踏みます。
このへんの無駄に細かいシステムが好きですw
(はじめの一頭はもらえますが


捕獲した動物は食糧にするもよし、武器や防具にするもよし、
また何もせずに売る事もできます。
捕獲しづらいレアな動物ほど強い武器になったりして、
ちょっとしたハンター気分を味わえるのがこのゲーム最大の魅力だと思います。


基本的に行きたい場所に行けるので、いきなり強敵を捕獲しに行ったりもできて
自由度は高いです。逆に返り討ちに合ったりして、ゲームオーバーになる確率は
他のRPGよりも高い
と思います。
そのため、最近の親切な作品に慣れていたら面を食らうかもしれません。


私はPCE版もしくはSS版をオススメしますが、今それらを現役で遊んでいる方は、
すでにこの作品を遊んでいる可能性が高いと思うので、
ゲームアーカイブスでリメイク版のリンダキューブ アゲインが出ていますので
そちらを遊んでみてはいかがでしょうか。PS3、PSP、VITA、で遊べます。



何だこれwと言いながらも、いつの間にかハマっていること請け合いな本作を
一度遊んでみてください。


同じゲームデザイナーの別作品レビュー 俺の屍を越えてゆけ




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : リンダキューブ評価,リンダキューブ感想,リンダキューブレビュー,桝田省治の傑作RPG,PCエンジンのRPGで最も面白いゲーム,グロ注意作品マイナー寄り作品,PCEの傑作,癖の強い作品,

スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。