最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キーチ!! ネタバレ感想 


まだお読みになっていない方は→キーチ!!のネタバレ無しレビュー記事

以下ネタバレありですご注意を!


まず初めに書きたかったのは、甲斐だけで日本牛耳れるんじゃね!?って事です。
輝一のカリスマに頼らなくとも、十分な能力を持っていると思います。
小学生にしてあの知識、行動力。父親が自分と同じ小学生と援交するという
重すぎる事件にも、真っ直ぐに立ち向かう精神力。
・・・私なら無かったことにするでしょう。

人間の大きさは年齢で測るものではなく、その中身だ!とでも言いたげな
キャラクターが多く登場しますよね。
スーパー小学生とダメダメな大人の対比が面白い。

あとは、ピーナツバターもw


私は新井英樹さんの作品をちゃんと読むのは初めてだったので
かなりの衝撃を受けたんですが、そのほかの作品もかなり現実的でシビアな
題材みたいですね。
とても楽しんで読んだんですが、なぜか他の作品には手が伸びないんですよね。
続編のキーチvsがイマイチ私には合わなかったというのもあるんですが、
話の内容がどうにも重すぎて、体が拒否してるんでしょうか?

私自身、どちらかというと余り入り込まないタイプだと思っていたんですが、
このキーチ!!に関しては感情移入し過ぎたみたいです(´・ω・`)

しかし本当に政治家が少女を買ったりする事が
現実に起こっているんですかね・・・。
そんな事が実際には無いことを祈るばかりです。





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

タグ : キーチ感想,キーチ評価,キーチレビュー,漫画ネタバレ感想,新井英樹,大人向け作品,甲斐とキーチ,カリスマ性のあるキャラがでる漫画,政治家の不祥事を糾弾するキーチ,

寄生獣 ネタバレ感想

まだお読みになってない方は→寄生獣のネタバレ無し紹介記事

以下ネタバレありですご注意を!



どっから切り崩していきましょうか!この素晴らしい作品を!!
・・・少し取り乱しました(*´∀`*)

もう何回読み返したかわからない、この寄生獣ですが、
初めに書いておきたいのは、やっぱりミギーの魅力でしょうか。

初めの頃は寄生生物特有の、無機質な性格だったミギー。
初めから、どこか憎めないキャラクターではありましたが、
新一と様々な出来事を共有することで絆が生まれ、徐々に人間的になっていった所が
良かったと思います。正確に表現すると、人間の考え方を理解し、
歩み寄る術を身につけた、といった感じでしょうか。
逆に新一は物理的にも、寄生生物に近づいて行きましたがw


全編名シーンではないか!?というくらい
好きなシーンが多いんですが、いくつか挙げていきます。

何度読み返してもグッと来るのは、後藤との最終決戦と言える場面で、
廃棄物の上で様々な事を逡巡しているページです。
ものすごい緊張感と葛藤と諦めと希望が伝わる名シーンだと思います。
そして最後の時まで懸命に生きる意志を持っていた事で、逆転劇につながりました。


加奈がパラサイトに殺されてしまった場面で、新一が感情を爆発させる所も好きです。

「3人いれば勝てると思ったのか」と田村玲子が草野らを圧倒するシーンも好きです。

「ひょっとしておまえ…鉄でできてるんじゃないのか?」と、
新一の父が思わず口を滑らし、自分の顔を叩くシーンも好きです。

この作品のキャラクターの感情の動きには不自然さが無く、どの場面でも
同調して読みやすいのが良い所だと思います。


ほぼ非の打ち所の無いと思うこの寄生獣の、非の打ち所をちょっと書いてみます。

パラサイト達が地球に来ることになった経緯などが、それとなくでもいいので
分かる場面があればなぁ。なんて思いました。

作者の岩明さんも言っていましたが、環境についての警鐘メッセージを、
もう少しぼかした雰囲気に、してほしかった感はありますね。

あとちょっと疑問に思ったのは、パラサイト達に、
名前には何の意味も無いと、再三言わせた作者さんの意図がわからなかったです。
何か深い意味があったのでしょうか。



最後に、
エピローグで浦上が出てきて一悶着起こし、眠ったはずのミギーが助けてくれる。
里美と新一、そしてミギーを表しているラストシーン。
何かに寄り添い やがて命が終わるまで。


やっぱりいい作品だわ~^^








このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : 漫画の感想

タグ : 寄生獣批評,岩明均の最高傑作,漫画ネタバレ感想,寄生獣レビュー,ネタバレ,泉新一とミギー,後藤と産業廃棄物,,名前に意味などない,一番面白い漫画,

スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。