最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お手軽DJ気分 ビートマニア


今回は、音ゲーブームの火付け役となった、この作品をご紹介します。

ビートマニア(beat mania)」 コナミ PS 1998年

「あれ?この間の記事でも同じ様なこと言ってなかったっけ?」と思った方・・・
そうなんですよ。ちょっと困った事に(´・ω・`)

パラッパラッパーが1996年、ビートマニアが1998年に発売されたので、
もちろん発売が先のパラッパとするのが自然かと思いますが、
その後派生していった作品に
多くの影響を与えたのはビーマニだと思う
んですよ。
そんなこんなで、私には結論が出せなかったので、
勝手にどちらもという事にしました(´∀`)

このゲームが出た後、同社の「ポップンミュージック」
「ダンスダンスレボリューション」「drummania」
「GUITARFREAKS」「beat mania IIDX」などが続々登場し、
最近でも「シアトリズム ファイナルファンタジー」「初音ミク -Project DIVA-」
など、他社の作品にも影響を及ぼしたんじゃないでしょうか。


ルールは、5つの鍵盤とターンテーブルを使って
上から流れてくる、鍵盤のキーをタイミング良く押していき、
その正確性が得点に反映されます。
そして一定のラインをクリアしていれば、次の曲に進む事ができるという物です。
ステージが進むにつれて、難しい曲を選択できるようになり、
ステージの選び方などで、レアな曲が選択できたりします。
後半はもう、押すボタンが早いわ多いわで大変です。


また、この辺りのゲームから、アーケードゲームと家庭用ゲームとの
性能の差が、無くなり始めた様な気がします。
ゲームセンターには余り行かない私ですが、
「ふふふ・・・これでコンティニューし放題だぜ(´∀`)」
なんて気分になりました。


アペンドディスクといって、それ単体では遊べないんですが、
このビートマニアのディスクを読み込ませた後に、ディスクを入れ替える事で
新しい曲が遊べるという、ちょっとセコイ、ファンには嬉しい
追加ディスクもかなりの数が発売されました。
私は「APPEND GOTTAMIX 2」位までは遊んでいました。
それなりに練習?も頑張っていたんですが、どのディスクも最高難度の曲は
クリアできませんでした。


最後に、私の好きな曲を羅列してみたいと思います( ・∀・)
書き出してみると「gotta mix」に好きな曲が多かったです。

20, november
papayapa bossa
metal gear solid main theme
winter fantasy
club 115
Miracle Moon
north




このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : ビートマニア評価,ビートマニア感想,ビートマニアレビュー,コナミの音ゲーの魁,そのジャンルの最高峰,BGMが神,PSの傑作音ゲー,元祖音ゲーといえば,GOTTAMIXが一番好き,せんだみつおと谷啓はいらないけどw,

大学受験がシューティングゲームだって!? 爆笑!!人生劇場


ファミコンの人生ゲームといえばコレで決まり!

爆笑!!人生劇場」 タイトー 1989年

人生ゲームというジャンルの作品は、これまで沢山発売されてきましたが、
誰もが認める最高傑作という作品は無いと思います。
今回紹介する人生劇場は、とても最高傑作とは言えないとは思いますが、
人生ゲームで、私の一番好きな作品です。


言葉では言い表しにくい、独特の魅力を持っているんですよ。
例えるなら、ツッコミ役のいない、シュール系のギャグ漫画のような感じ
でしょうか。それでいて、和んでしまうような空気は他には無い物だと思います。

イベントでも、「とうちゃんが授業参観に来た ツキ -5」とか
       「田植えの手伝いをした     体力 +2」とか
どこか脱力してしまうものが多く、何とも言えない面白さがあります。


ただ、レトロゲームの評価の難しい所なんですが、
どうしても当時の思い出込みの評価になってしまうんですよね。
今、初めて遊んだ人が楽しめるかは難しいところです。
気のいい仲間と、家飲みをしながらダラダラやると、
そこそこ楽しめるかもしれません(´∀`)

あとこのシリーズはFCとSFCで何作か出ていますが
この初代が一番面白いと思います。


小学校の入学前から始まり、リタイアして第2の人生を島で暮らす所までで
だれが一番お金を持っているかを競います。
その最後の島のインフレ具合が凄いので、ぶっちゃけそこで
どれだけ稼げるかが勝負なんですが、ゆるいクイズ番組のように
最後の大逆転が可能なので、順位の低い人も投げ出さずに続けられるという
利点でもあるかと思います。


同じ異性を取り合ったり、突然転職させられたりと
現実では体験しがたい、波乱万丈な人生を味わってみてください^^




このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : 人生劇場評価,人生劇場感想,人生劇場レビュー,マイナー寄り作品,暖かい雰囲気,老若男女,タイトー,ボードゲーム,らんぼー,宇宙人にはアメをあげる,

スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。