最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCエンジンの良質アクション! 改造町人シュビビンマン2


今回はマイナーぎみのアクションゲームをご紹介します。
と言っても、PCEユーザーの間では知名度が高そうな作品です。

改造町人シュビビンマン2」 メサイヤ 1991年 PCE

改造「超人」ではなく「町人」なのがポイントで、
主人公は太助という魚屋で働く青年とキャピ子という女子高生の二人です。
どちらもごく普通の一般人でしたが、突如現れた悪者達を倒すため、
とある博士に勝手に改造人間にさせられ戦う事になります。

アクションゲームなのでストーリーは比較的薄味ではありますが
ステージの合間やボス戦の前には、
会話や演出などがありゲームを盛り上げます。
ちなみにシリーズが3作発売されていますが、2から遊んでも問題無いかと。


大雑把に言ってしまうとロックマンタイプのアクションゲームですw
基本操作はジャンプとビーム、それにタメ撃ちのシュビビームを使って戦います。

今作独自の魅力といえば、時々シューティングのステージがある事や
二人協力プレイが出来る点です。
二人プレイの時には力を合わせ、より強力な攻撃が出来るのも特徴です。
どちらもビームを溜めた後、片方がそれをもう片方に当てます。
そして当てられた方がビームを放つと強力なシュビビームが出せます。
これが上手く当たると一撃でボスを倒せることもあり爽快なんです!


突然ですが、ゲームをクリアするために
裏ワザや攻略サイトを使う事についてどう思いますか?

1、邪道だ!何が何でも使いません!!
2、クリア後のみ解禁します。好きな作品は隅々まで楽しまなきゃ!
3、基本的には×だけど、難しすぎると判断した場合は初プレイでも使用します。
4、初プレイでも積極的に使います。楽になるならそれに越した事は無い。

意外と性格が出やすい部分だと思いますヘ(゚∀゚ヘ)
私は3番なんですが、このシュビビンマン2もなかなかの難易度で、
特に後半はかなり難しいです。
そこでとても楽になる裏ワザがありまして、
ポーズをかけ、セレクト+十字キーの左+Ⅱボタンを同時押しすると
体力を全回復できるんです。・・・かなりバランスブレイカーな技ですが、
後半のボスは一撃で体力の半分くらいを奪って来る奴もいて、
ポーズをかける暇も無く、気が付いたらやられてる何てことも(´Д`)

もちろん緊張感は段違いに薄くなりますので、
腕に自信のある方は使用せずに頑張って欲しいですね。


グラフィックやBGMなども良くできていて、今遊んでも楽しめる作品だと思います。
バーチャルコンソールでも配信されていますので、
気になった方は一度遊んでみてください^^





このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : シュビビンマン2,レビュー,批評,裏ワザ,攻略サイトの是非,PCエンジンの名作,傑作アクション,メサイヤ,キャピ子,

ビジュアルから訴えかけてくるエネルギー AKIRA


日本よりも海外での評価が高いイメージがあります。

AKIRA(アキラ)」 大友克洋 ヤングジャンプ 1982年~

最近は、先日決定した2020年東京オリンピック開催を
作中で予言していた!?なんて事でちょっとした話題になっています。
超能力が話の主軸になっている作品ですのであるいは・・・なんて(´ε`*)


では軽くストーリーの方を紹介します

三十数年前、世界的な戦争により荒廃してしまった東京。
未だ復興が追いついていない旧市街と、高層ビルが立ち並ぶ都心部が混在する
2019年の「ネオ東京」が舞台です。
反政府ゲリラと警察の抗争、軍隊ならびに超能力研究機関なんかも入り乱れ
かなり混沌とした雰囲気になっています。

主人公の金田 正太郎はとある暴走族のリーダーをしている、いわゆる不良少年です。
気さくな性格ながら仲間想いでもある、カリスマ性を持った人物です。

ある日、いつものようにバイクで暴走していた少年達。
金田の幼馴染であり、仲間内で軽く馬鹿にされているキャラである島 鉄雄
ある人物と接触事故を起こした事で大怪我を負います。
しかしその事故をきっかけに超常的な力を身に付ける事に。
密かに周囲に劣等感を持っていた鉄雄は、
身の丈に合わない大きな力を手に入れた事により・・・
といった感じになっています。

主に、この二人の少年と「AKIRA」というキーワードを軸に物語は展開します。


練り込まれた世界観、近未来の雰囲気などは凄いの一言ですが、
ストーリーの方はそこまで特筆するべき所は無いように感じました。

大友克洋さんといえば、何よりも絵の力だと思います。
思わずため息をついてしまうような、背景などの緻密な書き込み。
天才的なデッサン力に裏打ちされた作画は、見ていて気持ち良さすら感じます。

生前 手塚治虫さんが大友さんの漫画を読まれた時の事。
「こんな物は俺でも描ける!」と、
嫉妬とも取れるような事を周囲に漏らしたなんて逸話もあります。
漫画の神様なんて言われている人を持ってそんな事を言わしめるとは
ホント凄いですよね。


アニメの方も素晴らしく、その当時革新的だったビジュアルは、
今観ても十分な驚きを与えてくれるんじゃないかと。
また、漫画版とはストーリーがかなり違っているので、
その違いを見比べるのも面白いと思います。

ただグロい描写が多々ありますので、苦手な方は注意が必要かもしれません。
あと個人的に気になったのが、作中で美人とされている女性キャラが
余り可愛く見えない所でしょうかw


こんな作品が30年も前に・・・!?
なんて驚愕する事請け合いの今作を是非読んでみてください^^






このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : 大友克洋,アキラ,レビュー,感想,山形と甲斐,金田と鉄雄,AKIRAとは,絵の上手い漫画,東京オリンピックを予言,手塚さんと大友さん,

[ 2013/09/26 19:40 ] 準オススメ漫画 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。