最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイドと紳士の許されざる恋 エマ


障害があるからこそ盛り上がる物、それは・・・。

エマ」 コミックビーム 森薫 2002年

ヴィクトリア朝時代のイギリスが舞台です。
身分の差が著しい、階級社会の中に生きる人々を描いています。
主人公のエマは、元家庭教師の老婦人・ケリーの下で使用人をしている
いわゆるメイドです。沢山のメイドの中の一人というのではなく
家にいるのはエマとケリーだけ。主従関係こそはっきりしていますが、
お互いにとって単純な雇用関係を超えた、親子のような絆があります。

ある日、ケリーのかつての教え子であるウィリアムという青年が訪ねてきます。
裕福な貿易商の家に生まれ、ゆくゆくはその家督を継ぐであろう人物です。

エマの美しさに一瞬で心を奪われたウィリアム。
ここから二人の身分違いの恋が始まります。


この二人を物語の主軸に置き、イギリス社交界の光と闇を描いています。
「こんな時代があったんだなー」なんて、何もかもが今とは違う
100年近く前のイギリスに想いを馳せられるのが楽しかったです。

絵的な面も、丁寧で暖かみがあり魅力的です。
ただ、少しキャラの書き分けが弱い部分が気になるかも知れません。


少し横道に逸れますが、単行本のあとがきなどで
裏話をぶっちゃけてくれる作者さんについてどう思いますか?

というのも、この作者さんもあとがきで色々な事を書いてくれる
サービス精神の高い漫画家さんなんです。

好きな作品の裏側や、作者さん自身にも興味があると同時に、
作り手の人間性を知る事により、
作品自体に入り込みづらくなるという弊害があると思うんです。

私はいつも、このジレンマに悩まされています。
作品のイメージ通りの方なら、そんなに問題はありませんが、
そうでない場合、素直に作品を楽しめなくなる事も・・・。

ファンサービスであとがきを書いているであろう漫画家さんには
申し訳ない気もしますが(´・ω・`)


話を戻しまして、作者の森薫さんですが、
現在連載されている「乙嫁語り」の評判も良いようですので
そちらも読んでみようと思っています。

今回紹介したエマは全10巻です。
7巻までが本編で、残り3巻が外伝となっています。
実は私は7巻までしか持っていません(*´・д・)
というのも、7巻の最後の雰囲気がキッチリ終わった感があったので
つい最近まで8,9,10巻の存在を知りませんでしたw
こちらも近いうちに読んでみようと思っています。


イギリス メイド 禁断の恋

この辺のキーワードに反応された方は読んでみてください( ・∀・)


追記:外伝3冊買いました^^
こちらもとても楽しめました。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : お勧めの漫画

タグ : エマ感想,エマ評価,エマレビュー,Beamcomix,,10巻以内の面白い漫画,森薫は美人,コミックビームの面白い漫画,ハウスメイド,ハキム王子,

[ 2013/06/14 19:40 ] 準オススメ漫画 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。