最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PCエンジンの大作RPGといえばコレ!天外魔境II


今回はPCエンジンのRPGを語る上で欠かせない
この作品をご紹介したいと思います。

天外魔境II MANJI MARU」 ハドソン 1992年 PCE RPG

現在なら「ゲームのキャラが動いて喋る」なんてのはごく当たり前の事ですが、
この作品が発売された当時、それはとても画期的で魅力的な事でした。
私は発売当時には手に入れられず、2年後くらいにやっと遊ぶ事が出来たのですが、
それでも感動したのを憶えています。

しかし、イベントシーンでキャラクターが動いて喋る!という
当時最大の魅力だった物が、今のゲーム全般の基準では
当たり前の事になっちゃったんですよね。

いくら「あの頃は凄かったんです!」と力説した所で、
今初めてそのイベントシーンを見た方は、音声付のちょっと豪華なパラパラ漫画?
みたいな感想になっちゃうと思います。
思い入れのある私ですらチープさを感じてしまいますから。。。

しかし、天外魔境2という作品を紹介するにおいて、
イベントシーンの派手な演出が当時、最大のアピールポイントだったという事は
一番最初に書いておくべきだと思ったんですよね。


ここからは、その他の魅力的な部分などを順を追って紹介していきます( ・∀・)

まずはストーリーの方ですが、
日本と良く似た架空の国「ジパング」が舞台になっています。
そこには1000年前に大規模な戦争を繰り広げた二つの一族、
火の一族根の一族がいました。(普通の人間も共存しています)
その戦争ではかろうじて火の一族が勝利したものの、
根の一族も息絶えた訳では無く、復活の機会を覗っていました。

場面は変わりジパングのとある小さな村。
そこに住む主人公の戦国卍丸(せんごく まんじまる)は村一番のガキ大将。
ある事件を切っ掛けに、自分が火の一族の末裔である事を母から知らされ、
復活した根の一族を退治する旅に出るのであった。
と言った感じです。

基本的には正義の一族が、悪の一族を倒すという構図ではあるものの
火の一族でありながら、自己中心的でハチャメチャな奴もいますし、
根の一族でありながら、火の一族を応援している奴もいたりして、
勧善懲悪ではない所も物語に深みを与えています。

村人なども普通のRPGなら、「がんばって悪者を退治してくださいね勇者様!」
といった感じが大半だと思いますが、今作の奴等は
「火の一族だか、根の一族だか知らねぇが、
とにかく迷惑をかけねぇでほしいやね・・・」みたいな、
妙にリアルなスタンスの人が多く、そんな所も面白い部分だと思います。


システムは一般的なRPGといった感じですが、
戦闘のテンポが非常に良く、弱いザコ敵なら出現から戦闘終了まで
10秒かからなかったりして、ストレスフリーなのは今でも魅力を感じます。

また、他のRPGの魔法にあたる「術」を覚える方法が、レベルアップによるものではなく
フィールドにある庵にいる天狗に巻物をもらう事で覚えます。
その際に一言二言やりとりがあるんですが、
それがやけに味があるセリフを言ってくる天狗が多くて印象に残っています。
そこに新しい術を貰える喜びも相まって、天狗の庵を見つけるたびに
テンションが上がったもんです。


辻野寅次郎さん(辻野芳輝)デザインのキャラクター達は、
今見ても魅力的だと思いますし、BGMはジブリ作品などでお馴染みの
久石譲さんと福田裕彦さんが担当されていて、どれも素晴らしいです。
私は特にフィールドの曲が大好きで、
思わず立ち止まってフルコーラス聴いてみたりしました(*´∀`*)


その後、派生作品は沢山出ましたが、今作を超える魅力は感じることが出来ず、
個人的には残念なシリーズになってしまいましたが、
今作には、埋もれさせてしまうにはもったいない魅力があると思います。

今なら、リメイクのニンテンドーDS版がオススメです。(次点でPSP版)
気になった方は遊んでみてください^^



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : 天外魔境2評価,天外魔境2レビュー,天外魔境2批評,戦国卍丸,極楽太郎,カブキ団十郎,鬼怒,PCエンジンの傑作,PCエンジンの面白いRPG,,

スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。