最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あの名作のカード型RPG! ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人


今回は、ファミコンやスーファミで無数に発売された、
ドラゴンボールを題材にしたゲームの一作をご紹介します。
一応ネタバレありになっています、お気を付け下さい。

「ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人」 発売 バンダイ 開発 トーセ FC 1990年


まずファミコンで初めに発売された記念すべき第一作「神龍の謎」
こちらは、原作のイメージ通りアクションゲームでした。
所々「?」な部分もありますが、
ファミコンながらしっかりとドラゴンボールしていますし、
こちらもオススメの作品となっています。

その後、ファミコン2作目として「大魔王復活」が発売されます。
これがまさかのRPG!・・・しかもドラクエなどでお馴染の
フィールドを歩いてエンカウントするタイプではなく、
移動も戦闘もカードを使うという、一風変わったシステムでした。

どういう経緯でこのシステムになったのかは分かりませんが
今考えると、中々思い切った決断だったと思います。

その後もこのカードRPGシステムを踏襲しブラッシュアップした続編が
3作目の「悟空伝」、そして今回紹介する「強襲!サイヤ人」と続きます。


なぜ今回この強襲!サイヤ人から取り上げたかと言うと
単に私の中で思い入れの強い作品だったからですw

尺の関係か、劇場版の敵であるガーリックJrとのエピソードも途中に入っていますが、
ストーリーはラディッツ登場からナッパ、ベジータとの死闘までになっています。

原作でもこの辺りは、これまで敵であり最強のライバルだった
ピッコロと利害の一致から共闘する事となったり、
その後 悟飯の師匠となり、最後には悟飯を庇って・・・という、
あの名場面もあったりと熱いシーンが多いと思います。
あとナッパ一人に仲間たちが、どんどんやられていくシーンには
感情移入しすぎて「悟空早く来てくれー!!」なんて手に汗握ったものですw


そろそろゲームの内容にも触れておきます( ´ー`)ノ
前述の通り、移動にも戦闘にもカードを使います。
そのカードは、「亀」「魔」「必」などの属性、攻撃の強さ、防御の強さの
三つの要素を持っています。

それぞれキャラクターには属性があり、
(亀は亀仙流、魔は魔族、例外として必は必殺技が出せるカードです)
そのキャラの属性と一致したカードを使うと強い攻撃になるシステムになってます。

カードは消費するごとにランダムで補充されます。
私の場合ですが、基本的には弱いカードを消費しながらチマチマ移動し、
戦闘では強いカードを放出!という戦略をとってました。

それとは別にお助けカードもあって、攻撃力を最大に変えるカードや
全員の体力を全回復するカード、など多種多様で楽しかったですね。


その他、ベジータが大猿に変身し、ヤジロベーがそのしっぽを切り落とし
値千金の活躍をする場面を再現出来たり、本編とは別の天下一武道会モードでは
ピッコロ同士の同キャラ対決をするとメッセージがナメック語に変化したり、
エンディングでは、あのキャラが不敵な笑みを浮かべていたりと、
細かい部分でにくい演出もあったりして
個人的に、とても印象に残っている一本なのでした。


DBを題材にした作品は、現在もなお発売され続けているというのも驚きです。
気になった方は一度遊んでみてください^^



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : ファミコンのドラゴンボール評価,批評,カード型RPG,FCドラゴンボールシリーズ,ご飯とピッコロ,魔族のやさしさ,お助けカード,ラディッツ,,神龍の謎,

スポンサードリンク
こんばんは~!
ドラゴンボール、懐かしいです^^
もっぱらアニメだけですがw
今では当たり前の“カード”を使っているなんて、
先を行っていた感じがしますね。
それともそれ以前から、カードゲームってあったのでしょうか?
確か、遊戯王あたりからのような・・・??
[ 2013/11/18 02:15 ] [ 編集 ]
こんばんは^^
確かに今考えると、時代を先取りしていたのかも知れません!

私はTVゲームのカード物は良く遊ぶものの
実際のカードを使ったゲームは未経験なので、
何を参考にしたのかは分かりませんが、
もしかしたらマジック・ザ。ギャザリングなど
昔からある物をヒントに作られたのかもしれません。

なんか、ほぼ憶測の返信になってしまってスイマセン(´ε`*)
コメントありがとうございました^^


[ 2013/11/18 20:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。