最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の夜・・・事件は起きた!本格推理ミステリー


今回はサウンドノベルゲームの決定版。「かまいたちの夜」を紹介します。
SFC版 かまいたちの夜 発売 チュンソフト 開発 チュンソフト アクアマリン 1994年 


サウンドノベルとは、字のごとく
小説を、サウンドや効果音で臨場感を増幅させたゲーム
といったものです。

今でこそ、この手のジャンルのゲームは沢山ありますが、当時はとても目新しいものでした。

普通の小説との違いといえば、時々入る選択肢によって、後の展開を変えられる所です。
推理ミステリーという大きな軸があり、ショッキングな事件や、
時には脱力してしまうようなエンディングを迎えたりと、
さまざまな方向に分岐していくのがとても楽しいです。
また感情移入しやすいよう、人物はシルエットのみとなっており、
ほど良く想像力をかきたてます。


冒頭のストーリーですが、主人公はという平凡な大学生。
同じ大学の真理からスキーに誘われ、信州のペンションにやってきます。

果敢にアタックしたにもかかわらず、手ごたえの無かった相手からのまさかの誘いに、
わくわくドキドキな主人公wといった感じです。

ちなみに二人の名前は変更できます。
※自分の名前や好きな人の名前に変えて、家族や友人にバレないよう注意(*´∀`*)


主な舞台となるペンションですが、ペンション・クヌルプという実在する建物を撮影し、
その画像を使用しています。

当時、実際にそのペンションに宿泊しに訪れるファンの方もいらっしゃったそうです。
調べてみたら今も営業されているようですので、
機会があれば私も行ってみたいです(´∀`)


サウンドノベルというだけあって、サウンドも素晴らしく、レトロゲームミュージックが
大好きな私は、mp3プレイヤーで今なおヘビーローテーションだったりしますw

全てのエンディングを制覇した暁には、ささやかな特典もあるので、ぜひとも頑張って
ほしいと思います^^

あと、初プレイで真犯人を突き止めるのは至難の業ですので、
推理の得意な方は挑戦してみて欲しいです。


続編がPS2とVITAで出ていますが、残念ながら相対的な評価では、
この初代を超える出来ではないようです。


色々な機種で遊べるのでオススメが難しいですが、(私はSFC版とPS版のみ経験)
PS版の「かまいたちの夜 特別編」をオススメしたいと思います。
SFC版にはないフローチャートが付いて分岐やエンディングを埋めるのに
断然便利になったので。



冬の夜にプレイするにはピッタリなこのゲーム
ぜひともお試しください。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : かまいたちの夜評価,,かまいたちの夜感想,かまいたちの夜レビュー,サウンドノベルの最高傑作,釜井達と香山さん,ピンクのしおりが伝統,全てが高水準のゲーム,一番面白いサウンドノベル,

スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。