最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それまでの三国志作品を過去に変えた傑作!


今回は「蒼天航路」を紹介します。原作・原案 李學仁 王欣太 作画 王欣太 です。


まず三国志自体を簡単に説明させてもらうと、
西暦180年頃 - 280年頃の中国で、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)という三つの国が
その覇権を争った時代を書物にしたものです。

根本の歴史書である陳寿の書いた『三国志』、もう一つそれを元に小説のように
面白くアレンジした羅貫中らが書いた『三国志演義』があります。

本作「蒼天航路」はそれらの書物やそれ以外の
歴史書を元に、個性的なアレンジで描かれています。


それまでの三国志を扱った作品では、三国志時代の英雄、
劉備玄徳が主人公であり正義。
曹操孟徳がライバルであり悪役。
という構図だったのを、主役を逆転させ、曹操をエネルギッシュで
カリスマ性の塊のようなキャラクターで描いているのが一番の特徴です。

しかし主役を際立たせるためか、他のキャラクターが犠牲になっていると感じる部分も
ありました。特に劉備や孔明の描かれ方はそれまでの聖人君子のようなキャラから
180度変わってやり過ぎな気もしました

爽快でカッコいいキャラクターで描かれる曹操は、それまでの三国志を知っている人には
とても新鮮に感じたと思います。逆にこの作品から三国志に触れた方は、
横山光輝氏の「三国志」を読むとその違いに面を食らうかと思います。

私は前述の作品を読みかじっていたので、キャラや風貌が合致しない人物が多くて
混乱したと同時に楽しめました。


歴史物の宿命ともいえる難解で読みにくい部分がこの作品にもあり、
私は何度読み返しても読み飛ばしてしまう箇所があったりしますw


絵的な面では緻密でスピード感のある描写が気持ちよくて、グイグイと引き付ける魅力を
持っています。※一部、性的な描写が過激な部分もあるのでその辺りは注意

後は名言なども豊富で、初めて読んだ当時は、友達同士で
言い合う程にハマっていましたw



ちなみに私の好きなキャラは楽進と甘寧です( ´ー`)
その他の三国志作品では余りクローズアップされる人物ではないのですが、
魅力的に描かれています。

そんな部分もこの作品の良い所なんじゃないでしょうか。



全36巻です。
ぜひお試しください。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : お勧めの漫画

タグ : 歴史もの漫画の傑作,蒼天航路評価,蒼天航路感想,蒼天航路レビュー,李學仁,,王欣太の傑作と言えば,大人向け作品,蒼天既に死す,曹操と劉備の描写が逆,

[ 2013/03/01 20:01 ] おすすめ漫画 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。