最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたはどれだけ知っている?マイナーレトロゲーム その1


今回は全力でオススメはできないけれど光る魅力を持ったレトロゲーム達を紹介します。



アウターワールド(Outer World) ビクター音楽産業 1991年 sfc 

元はフランス製のゲーム。その独特な雰囲気は一度プレイすれば忘れられないはず。
アクションゲームですが操作性にも癖があり、謎解きも、ほぼノーヒントとくれば・・・
厳しいですね。

しかし、ポリゴン(懐かしい響き)を駆使しているオープングは見事だし、
キャラクターの動きがやけにリアルで、ミスした時の演出が地味に凝っていて面白いです。
何より苦労した末、自力で謎を解いたときの達成感は最高です。
そのため、できれば攻略サイトなどは見ないで欲しい作品です。
(そこが全てといっても過言ではないので)

同じようなシステムで同メーカーの「フラッシュバック」という作品も出ています。

※興味を持たれた方へ 序盤で手に入れる銃はタメ打ちでバリアが作れるのを
忘れずに覚えていてください。後、Yボタンを押しっぱなしで走れます。

なんとなく、「IQの高い人」に挑戦して欲しい作品。
私は中盤からの、無茶な難易度の所で投げました(´∀`)






アルバートオデッセイ サンソフト 1993年 sfc

シミュレーションRPG。よくあるファンタジーな世界観で馴染みやすく、
攻撃した時のSEや、敵を撃破した時の演出に爽快感があり、
今遊んでも楽しめそうな作品です。

難点は移動時に全てのキャラクターを操作しなければならないのが、わずらわしいです。


これはぜひエンディングを見てもらいたい作品です。

続編と外伝がsfcとSSで出ているようですが、余り評判は良くないようです。
(私は未経験です
こちらはバーチャルコンソールで遊べます。




次回も2本紹介したいと思います^^
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : SFCのアクションゲーム,シミュレーションRPG,マイナー寄り作品,地味だが光る魅力あり,アウターワールドの操作感,アルバートオデッセイ,まさかのエンディング,エンディングが前代未聞のゲーム,

[ 2013/03/02 20:10 ] 準オススメゲーム | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。