最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中毒性激高パズルゲーム パネルでポン


パズルゲームといえば知名度で言うとテトリスぷよぷよが二強でしょうか。
最近はソーシャルのパズル&ドラゴンズも流行っているようですね。

今回は任天堂から発売されたにもかかわらずイマイチ知名度は低い
この作品をご紹介します。

パネルでポン」 開発発売 任天堂 1995年


とにかく中毒性が高く、大連鎖をしている時なんかには
「見てっ!この連鎖!さすが私!」と思わず自画自賛してしまうほど
気持ちがいいんですよ。この辺りはぷよぷよにも言えるかもしれません。

しかしパズルゲームというのは、実際プレイしてもらう以外
その魅力を伝えにくいジャンルだと思うので、頑張ってお伝えできればと思います。


まずルールについて
五色のパネルがありまして、同じ色のパネルを三つ以上直線で繋げると
消すことができます。縦でも横でも構いません。

テトリスのように上からパネルが降ってくるのではなく、
あらかじめ画面に敷き詰まっているパネルを、カーソルで指定し、
動かしながら揃えていきます。
イメージ的には昔からある、パネルを動かして一枚の絵を完成させる
絵合わせパズルのような感じです。

一度にたくさん消すと相手のスペースに、固まったパネルが降ってきます。
そして、先に画面が埋め尽くされた方が負けという物です。


これまでのパズルゲームとは違う魅力といえばアクティブ連鎖という
システムです。これは連鎖をした後に黙って見ているのではなく
どんどん繋げて連鎖ができる画期的なシステムです。

このシステムのおかげで頭は常にフル回転状態でのプレイを迫られます。
楽しい反面、私の場合長時間の勝負となると、
「もう脳を使うな!」と脳が勝手にブレーカーを落とした状態になり、
急に何も連鎖が思いつかないという状況になったりします。
なんかこう書くと危険なゲームみたいな感じですがw

表現が的確ではないかもしれませんが
限界まで脳を酷使するのが癖になる作品なんだと思います。


この作品、任天堂もこのまま腐らせるにはもったいないという思いがあるらしく
実は何度もリメイクされていたりします。
にもかかわらずイマイチ流行らないのは、プロモーションだけの問題ではなく
そのとっつきにくさではないかと思います。
爽快感を得れるほどの連鎖ができるまで、そこそこ練習しなければならないので。

テトリスなんかは見ただけでどうすればいいか分かるじゃないですか。
全てのゲームに言える事ですが、間口は広く、奥が深い物が多くの人に支持される
のだと思います。


しかしこのパネルでポンに関しては、そこを乗り越えるだけの魅力あると思うんです!


機会があれば、一度遊んでみて欲しいと思います^^
バーチャルコンソールでもプレイできますので。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : パネルでポン評価,パネルでポン感想,パネルでポンレビュー,任天堂の傑作パズル,そのジャンルの最高峰,対戦ゲームが熱すぎるパズルゲーム,マイナー寄り作品,,パネルでポンの中毒性,バーチャルコンソールで遊べる隠れた名作,

スポンサードリンク
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。