最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

荒廃した世界を仲魔と共に 真・女神転生


2013年5月23日には、最新作の「真・女神転生4」も発売を控えている
こちらの作品をご紹介します。

真・女神転生」 開発発売 アトラス SFC 1992年

スーパーファミコンで発売され、その後
PCE,MCD,PS,GBA,i-revo,PS,VC,GA,iOSという様々なハードに
移植やリメイクがされた傑作です。


ストーリーは・・・
199X年、東京・吉祥寺
主人公である少年は、ネットで悪魔召喚プログラムという
悪魔と会話をしたり、仲間にできるというソフトを手に入れる。
程なく街中にも悪魔が出現するようになり・・・。
と言った感じです。


オープニングからして、もうすでに異質です。
タイピングされる文字の間に挿入される、イベントの画像や
神秘的な音楽が、少し不気味な雰囲気ながら、とてもセンスを感じます。

今でこそ冷静に評価できますが、
初めてプレイした時は、怖かったのでオープニングを飛ばしてましたw


それに、このゲームには色々とオカルトな逸話がありまして・・・。

ゲーム中、井の頭公園で、ある事件が起こるんですが、
その2年後に、現実でも同じような猟奇事件が起こって、
ちょっとした話題になりました。


基本的にオーソドックスなダンジョンRPGですので、
今遊ぶのは厳しい面もあるかと思いますが、
一番の売りである「悪魔と会話をし仲間にできる」という
システムは楽しめるかと思います。
その仲間になった悪魔を、合体させてより強い悪魔にしたり、
剣と合体させて、特別な武器を手に入れたりできるのも魅力ですね。

もう一つ、このシリーズの特徴的なシステムがあります。
自分の行動や選択肢により、自分の属性が「LAW」「CHAOS」「NEUTRAL」の、
3つに分かれるというもの。
それにより召喚できる悪魔や、倒すべき相手も変わります。
そして、単純にLAW=善、CHAOS=悪というわけでもないのが
重要な所で、この作品に深みを感じる部分でもあります。


乾いた無慈悲な世界観を、SFCというハードで見事に表現しています。
終始一貫したゲームデザインやBGM、ストーリーはもう
オーパーツかと思えるくらいです。ちょっと大袈裟ですかね(´∀`)

この荒廃した世界を、仲魔と共に彷徨ってみてはいかがでしょうか。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : 真・女神転生評価,真・女神転生感想,真・女神転生レビュー,アトラスの看板タイトル,BGMが神,神と悪魔は紙一重,人気のシリーズ,移植数が半端じゃないゲーム,非勧善懲悪ゲーム,悪魔を殺して平気なの?,

スポンサードリンク
ストーリーは好きです
ただ実際のプレイは、ダンジョンの閉塞感が苦手で自力クリアは諦めました(汗)
このシリーズから派生したペルソナシリーズ、アニメにもなりましたね。大好きです^^
[ 2013/04/17 20:12 ] [ 編集 ]
解ります。あの閉塞感は不安になりますよね。
特に迷ったりしたらもう・・・(∩゚д゚)
といっても、私はこのシリーズは、ほぼ遊んでいるので、
慣れちゃいましたが。
いつかペルソナシリーズの記事も書こうかと思っています。

コメントありがとうございます^^
[ 2013/04/17 21:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。