最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思わずバスケをしたくなる永遠の名作!SLAM DUNK


恐らくこれより面白いバスケ漫画は生まれないんじゃないでしょうか。
今回はネタバレありで感想を書きたいと思います。

スラムダンク SLAM DUNK」 井上雄彦 週刊少年ジャンプ 1990年~

不良少年の桜木花道がバスケットボールに出会い
その非凡な潜在能力と努力により、バスケットの世界を100段抜かし位の早さで
グングン駆け上っていくのがとても気持ちいいです。
花道が初心者というのもあり、感情移入もしやすかったですね。

いつもこれを読んだ後は、清々しい読後感と共に
自分もバスケットの達人になったような気分になります(´∀`)

また主人公のポジションを点取り屋のシューティング・ガードではなく
パワー・フォワードに据える事によって、リバウンドの重要性を知ってもらいたいという
作者さんのメッセージを感じました。


三井がバスケ部に入る辺りまでは、不良漫画とバスケ漫画という
二つの要素がありましたが、それも花道がバスケットに没頭していくうちに
純粋なバスケットボール漫画になっていった様な気がします。
私は花道軍団の水戸が好きだったので、もう少し出番が欲しかった気もしますが。


湘北のレギュラーはいわずもがな、安田、小暮、牧、仙道、魚住、河田などなど
魅力ありすぎなキャラクター達。
一つ一つエピソードを挙げていたらホントにきりがないので割愛します。

名シーンという訳ではありませんが、大阪の豊玉高校との試合で
監督が切れたのが印象に残ってますね。
選手達は北野監督を慕うあまり、現監督をないがしろにするんですが、
高校生にあんな風に舐めきった態度を取られたら、切れるのも無理はないですよね。


何度読み返しても、山王高校との最後の試合は応援せずにはいられません!

チームの精神的支柱であったゴリが河田兄に完璧に敗北するも、のちに立ち直るシーン。

試合中にもかかわらず、無意識に涙を流すシーン。

花道が背中の痛みを気迫でごまかしながら戦うシーン。

そして流川と花道の無言のハイタッチ・・・!

私は涙腺は強い方だと思うんですが、ラストシーンはいつもウルウル来ちゃいます。
それに、最も盛り上がっている場面で最終回を迎える漫画はとても少ないと思います。


森重寛など、伏線といえるような部分を消化しないまま
最終回を迎えてしまったのが少し心残りです。
続編について作者さんは、「書きたくなったら書く」といった
スタンスのようですので、やっぱり読んでみたいですね。

このまま伝説の作品として輝き続けるのも悪くは無いと思いますが(´ε`*)



同作者さんの別漫画のレビュー記事です↓
老若男女にオススメできる傑作を紹介!リアル



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : アニメ・コミック
テーマ : お勧めの漫画

タグ : スラムダンク評価,スラムダンク感想,スラムダンクレビュー,伝説の作品スラムダンク,,SLAMDUNKより面白い漫画は,桜木花道vs流川楓,湘北高校の補欠,バスケットボール漫画で間違いなくno.1,森重寛の複線を回収して欲しかった,

スポンサードリンク
スラムダンクはいつになってもバスケ少年たちのバイブルなんでしょうね!

斯く言う自分も中学時代バスケ部だったんですが、顧問にスラムダンクを読めと言われた記憶がありますしw
[ 2013/05/24 05:00 ] [ 編集 ]
今の学生も読んでるんでしょうかね。
私が学生の頃は読んでない人の方が珍しい位でした( ・∀・)

スラムダンクを勧める顧問って、フランクでいい先生ですね。

コメントありがとうございます^^
[ 2013/05/24 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。