最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブラキオレイドスと闘技場 ファイナルファンタジー6


今回はスーファミで出たFFでは、最後の作品となったFF6の
ネタバレありの感想を書きたいと思います。

ファイナルファンタジー6」 スクウェア SFC 1994年

魔法の力が消え、機械文明により復興をした世界なので
それまでの魔法が当たり前であったファンタジーな世界観では無く
暗くてジメッとした雰囲気が新鮮に感じましたね。
ゾゾの町なんかは、ずっと雨が降っていましたし。

幻獣から生み出された、魔導という新たな力を使って、
独裁者が世界征服を企むというストーリー。
ルーツがどこからなのかは分かりませんが、
ジブリ作品の「天空の城ラピュタ」っぽく感じました。
ケフカとムスカ。ティナとシータ。役割が少し被っている気もします。
そういえば魔大陸も浮かんでいましたし。

別に咎めているわけでは無いんですが、共通点があるなぁと(。・ω・。)


グラフィックは「SFCでもここまで出来るのか!」と思いました。

その後、PSなどの次世代機に移行して、3Dが主流になっていきますが
私はスーファミ末期の、ドットのきめ細かいグラフィックが好きで、
長い事3Dの作品に馴染めなかった思い出があります。
ハッキリ言うと、PS初期のしょんぼり3Dが許せなかったんですよね。
暖かみも無いし、diskなのでロード時間もあるし。

2Dでもこんなに綺麗に表現できるのに、
なんで無理に3Dにこだわるかなー(*´・д・)なんて気持ちでしたw
PS2が発売されて、やっと3Dのゲームを心から楽しめたといいますか。。。

スイマセン、かなり脱線しました( ´ー`)


戦闘のシステムですが
格闘ゲームのようにコマンドを入力する、マッシュの必殺技や、
自分で必殺技名を決められる、カイエンの必殺剣が印象深いです。

特にカイエンの方は、新たな必殺剣を覚えたら、まずザコ敵に使ってみて、
見た目の雰囲気と技の効果を加味して、限られた漢字の中から、
いかにカッコいい技名にするか、結構ガッツリ考えるタイプでした。
そして、俗にいう厨二っぽい技名が続々と誕生しましたw


隠し要素が盛りだくさんなのも、魅力だと思います。
・カッパ状態でカッパ装備を一式付けるとかなり強くなる。
・とある森にまれに出現するブラキオレイドスを倒した時に、
 これまた、まれにスリースターズというレアアイテムを落とす(消費MPが1に)。
・色々なバッドステータスが付加される、血塗られた盾を装備したまま255回戦うと、
 最強の盾である英雄の盾に生まれ変わる。

などなど、友人と情報交換をしたものです。


PS、GBA、wiiのバーチャルコンソールでもプレイできます。
今でも十分楽しめると思いますので、未プレイの方は遊んでみてください^^



ファイナルファンタジーコレクションファイナルファンタジーコレクション
(1999/03/11)
PlayStation

商品詳細を見る
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : 魔導アーマーがカッコいい,ff6は傑作,スクウェア,SFCの最高峰グラフィック,,そのジャンルの最高峰,ff6とラピュタのストーリー,マッシュの必殺技,カイエンの必殺剣の漢字の数,

スポンサードリンク
6は好きです!
この作品を友人宅で見て、召還獣やら魔石やらといったドラクエとは違うRPGに惚れました。シナリオも良いですよね。この辺りからシナリオで死んでしまう仲間が減った様な印象があります。
[ 2013/06/04 21:08 ] [ 編集 ]
確かにFF4と比べても死んでしまう仲間は減りましたよね。
初プレイの時は、新鮮なお魚でシドが元気になる事を知らなかったので
残念な事になってしまいましたが(´・ω・`)

ドラクエ派の雪野さんも6はお好きでしたか( ・∀・)
私も、FFシリーズの中でも印象深い作品ですね。

コメントありがとうございます^^
[ 2013/06/04 22:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。