最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

至高×究極= クロノ・トリガー!?

ファイナルファンタジーの坂口氏とドラクエの堀井氏が
新作RPGを作るらしい。しかもキャラクターデザインは鳥山明だって!?

クロノ・トリガー(Chrono Triggeer)」 スクウェア SFC 1995年

‘94年頃こんな触れ込みで、ジャンプの巻頭などに情報が踊った当時
それはもう、期待に胸が膨らんだものです。
当時の子供にとってそれは、A5ランクのサーロインステーキと
本マグロの大トロのお寿司を一度に食べるようなものでした(*´∀`*)
あっと、一応ネタバレありです。


クロノはギリシア語で「時」、トリガーは英語で「引き金」
2つを合わせて「時の引き金」という感じです。
そのタイトル通り、タイムマシンに乗って時代を飛び回り、
未来を変えるという、タイムパラドックスを主軸にしたストーリーです。
また、周回プレイを念頭に置いたシステムは当時珍しく
「もしも、あの時にボスを倒せていたら・・・!」という
ifを叶えられるのが新鮮
でした。


キャラクターもカエルの王子やロボ、大きくなったアラレちゃん?w
などバラエティに富んでいて楽しかったです。魔王が仲間になるのも
定番ながら嬉しかったですね。

「風の憧憬」「時の回廊」を筆頭に、BGMも素晴らしいです。
戦闘システムも時代を先取りしたシームレス風になっていたり
自由に選んだ3人で固有の連携技を出せたりと楽しい物になってます。


そんなオススメポイント満載の傑作でした。が、
私のこれ以上なく跳ね上がった期待値を満たすことはできず、
あくまで当時の私の感想ですが、「面白いけどFFの方が上かな」
くらいの評価だったような気がします。


時は流れ8年後、スクウェアとエニックスが本当に合併して
また違う衝撃がゲーム業界に走るんですが、
それはまた別の話・・・( ´ー`)





このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : クロノトリガー感想,クロノトリガー評価,クロノトリガーレビュー,BGMが神,伝説級の作品クロノトリガー,スクウェアエニックス,,ルッカとロボ,未来を変える物語,風の憧憬と時の回廊が2トップ,

青魔法といえばラーニングです。ファイナルファンタジーV


今回はFFシリーズでジョブやアビリティといえばこのコレ!という
FFVの感想をネタバレありで書きたいと思います。

ファイナルファンタジー5」 スクウェア SFC 1992年 

とにかくキャラの育成が楽しい作品だったイメージが強いですね。
それまでのシリーズには無かった、青魔道士や時魔道士がお気に入りでした。
青魔道士の能力は敵の特殊攻撃をくらうことにより、その技を体得するという
魔道士らしからぬ荒っぽさがいいですね。
特定の技のみではなく、全ての攻撃をラーニングできれば最高だったのですが、
容量の関係上しかたないといった所でしょうか。
時魔道士は時を操るというだけで、当時の私の心を掴むには十分でしたw
クイックやメテオも強力ですしね。


忍者の二刀流は両手に武器を装備でき、2度攻撃できるとても使えるアビリティです。
何となく体得するのもそれなりに技術が必要な気もします。
しかし、それと同じようなナイトの両手持ちというアビリティは、
盾を装備せずに両手で武器を持ち、その結果攻撃力が2倍になるというものなんですが、
普通、大剣は両手で持つものじゃないですか?
それで攻撃力2倍ってなんだかな~って思いました。
いや、すんごくどうでもいい話ですがw


ストーリーの面では、途中でガラフの代わりにクルルが入ったり、
後のシリーズにもゲスト出演する人気キャラ、ギルガメッシュが印象深いです。
それに、ものまねしゴゴに勝つ方法には一本取られましたね。

後はクリスタルの欠片に新しいジョブが入っていたので、
クリスタルが粉々になるのはストーリー展開的にはピンチであっても
私的には「早く欠片をおくれ!そして新たなジョブを!!」という具合で
世界を救う事そっちのけになって、かけらを欲してました^^;


例の如くBGMも素晴らしく、FFのサントラでは一番聴いている回数が多いと思います。
特に「はるかなる故郷」が好きです。
FFVの曲とえば、よく挙がる「ビッグブリッヂの死闘」もいいですね。


私は俗にいう「縛りプレイ」というのはしたことはありませんが、
この作品が発売された頃、ゲーム雑誌のやりこみプレイで
全員のレベルが1桁台でクリアするもの、なんかが取り上げられていて
とてもビックリしたのを覚えています。
プレイヤー次第で色々な遊び方ができる、懐の深い作品だと思います。


ちなみにGBA版では、剣闘士、砲撃士、予言士、ネクロマンサーという
4つのジョブが追加されているようです。  
私は未プレイですが、今からGBAで遊ぶのはちょっと厳しいので、
3DS辺りで大幅リメイクされないかなー、なんて思っています^^




このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : レビュー・感想

タグ : FFVといえばBGMが最高,スクウェア,ビッグブリッヂの死闘,BGMが神,SFCの伝説級の作品,青魔法はラーニング,追加ジョブの予言士と剣闘士,RPGの一つの到達点,

スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。