最高の漫画 完璧なゲーム

ゲーム 漫画のレビューblogです。
ネタバレ有りと無しの記事を分けて紹介しています。
不定期更新ですので、時々覗いてみてください<(_ _)>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝手に決定!一番面白い対戦ゲームとは!?その1


今回から、3作連続で対戦ゲームを紹介しようと思います。


私が対戦ゲームで一番ネックになると思うのは、上手な方と普段ゲームを
しない方が混じって、全員が楽しめるかどうかという点です。
今回はその辺りをポイントに紹介したいと思います。

やっぱり人間同士の戦いより面白いゲームは存在しませんからね。


まずは定番ボードゲーム「桃太郎電鉄」通称桃鉄です。
ほぼ全てのハードで出ています。

ルールを簡単に言いいますと、日本+ハワイ周辺を舞台にしたすごろくです。

初めに目的地をルーレットで決めて、誰かがゴールしたら、また次の目的地を決めて
目指します。目的地に着くたびにお金が貰えますが、それ以外にも
さまざまなテクニックで稼ぐことができます。


基本的には各地の名産品などの物件を買って、その収益でお金を増やしていきます。
何も難しい事は無く、お店を買えば、一年に一回勝手に収益が入ります。


「ここにはこんな名産品があるのか~」なんて、ちょっとした豆知識が増えます。
あと食べ物を扱う物件が多いので、夜中に遊ぶとおなかが減ります( ・ω・)
私は五所川原の揚げたい焼きを食べてみたいと思いました(*´∀`*)

その他、まだ都道府県を覚えていないお子さんも、プレイをしているうちに
おのずと覚えるので楽しく勉強になって一石二鳥な面もあります^^


アクションを求められる場面がほとんど無いので、ご年配の方でも
一緒に楽しめるかと思います。
ルールも最終的に「お金を一番持っている人の勝ち」と分かりやすいですし。


しかしカードの細かい効果や、カード売り場の場所などの知識が
ここぞという時に大事なゲームですので、その辺りは知識のある方が、
うまく情報を小出しにしたりして、不公平の無いよう注意が必要ですw


残念ながら開発元のハドソンがコナミに吸収されてしまったため、
wiiの「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」を最後に
家庭用ゲーム機ではリリースされていません


新作が出るたびにマイナーチェンジされてきましたが、どの作品を買っても
いいと思います。変わり種でアメリカ大陸を舞台にしたUSA
PS2で出ています。


ちなみにウチの場合、素直に目的地へ向かう派と、開始早々に
千葉辺りのNカードのゾーンでウロウロ派に分かれますw

自分なりの作戦を立てられる者同士での対戦が一番楽しいかと思います。


次回は大人気多人数アクションをご紹介します。



同カテゴリの別の記事です↓
対戦ゲームその2スマッシュブラザーズ
対戦ゲームその3ストリートファイターⅢ
対戦ゲーム界の重鎮 ボンバーマン





このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : 桃鉄評価,,桃鉄感想,桃鉄レビュー,老若男女が楽しめるボードゲーム,今は無きハドソン,桃鉄さくまあきら,そのジャンルの最高峰,キングボンビーの悪行がエスカレート,桃太郎電鉄,

[ 2013/02/21 20:08 ] おすすめゲーム | TB(0) | CM(0)

ケンカする程エキサイト!一番面白い対戦ゲームとは!?その2


前回から続いて2つ目の作品は、こちらも有名所、多人数アクションの最高峰!
大乱闘スマッシュブラザーズ」です。

マリオピカチューなどの歴代の任天堂キャラ達が
大乱闘
を繰り広げます。


基本的なルールは、相手を場外に吹っ飛ばすか、画面下に落とすと勝ちになります。
時間制限は無しで、先にライバルのライフ数0にした人が勝利のルールか、
時間内に一番多くライバルを倒した数の多い人が勝利のルールか選べます。


とにかく相手を吹っ飛ばすのが爽快なアクションです。
その分、吹っ飛ばされたら超くやしいです(*`へ´*)

一人用のモードもそれなりに充実していますが、個人的には対戦してこその
作品だと思います。
ハードはニンテンドー64、ゲームキューブ、wiiの歴代任天堂ハードで発売しています。

私は個人的にN64版がオススメです。(もちろん最新作と比べグラフィックは
数段落ちますが・・・。wiiのバーチャルコンソールでも遊べます。


理由の一つは、新作になるにつれて操作キャラクターが高速化していき、
敷居が上がっている事です。
そのため慣れている人と初めての人とでは勝負にならない事が増えていきました。
乱戦になった時や、強力なアイテムが取れたときなどは、初心者の方にも
チャンスはありますが。

反面、上級者同士ならば奥の深い対戦が楽しめる進化をしているとも言えます。

もう一つは、ROMカセットのためロード時間が無いからです。
何度も連続で遊ぶ事が多いであろうこのゲームでは、やはりテンポが命だと
思うからです。(wii版はそこだけが残念)

以上の理由で初めての方はN64版の比較的ゆっくりとした動きの方が
楽しめると思います。(吹っ飛ばした時の気持ちよさもこれが一番な気がします)


しかし、操作できるキャラクターの数はどんどん増えていて、
64版では12体とちょっと寂しいです、GCでは24体
wiiでは35体となっています。(隠しキャラ含む)

やはりキャラクターは多いに越した事は無いので、一長一短といった所でしょうか。


この根強いファンを持つスマブラですが、シリーズを通しての不満点が一つあります。

ライバル同士が激戦で消耗した所を見計らい、弱った二人を元気なキャラが吹っ飛ばす
といった感じの「漁夫の利戦法」が有利な点です。

恐らく次回作がwiiUでも出ると思うので、一定時間戦わないキャラには、
なんらかのペナルティーを与えるなどの調整をしてほしいと思っています。

なんだかんだ言いましたが、最新のwii版でも細かいハンデが設定できたりと、その辺りは
工夫されていますので好みで選んで頂くのがいいかと思います。



さて次回は、対戦といえば・・・そう、格闘ゲームの登場です。


同カテゴリの別記事です↓
対戦ゲームその1 桃太郎電鉄
対戦ゲームその3ストリートファイターⅢ
対戦ゲーム界の重鎮 ボンバーマン





このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャンル : ゲーム
テーマ : TVゲーム・PCゲーム

タグ : 大乱闘スマッシュブラザーズ評価,,大乱闘スマッシュブラザーズ感想,大乱闘スマッシュブラザーズレビュー,対戦ゲームの傑作,任天堂スマブラオールスター,wiiとN64とGC,スマッシュが気持ちいい,テクニックが必要なゲーム,

[ 2013/02/22 19:55 ] おすすめゲーム | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。